2017/09

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark

一定期間更新がないため広告を表示しています


素敵なアーティストの方々からリリースコメントを頂きました!!

■4人のバンドに対する思いが一曲、一曲に直結しているアルバムだ。初めて聴いたときすごい熱量を感じた。シーン、ジャンルを超える力のあるバンドFrom dusk as may是非聴いてもらいたい。

重田雅俊(LACCO TOWER)



■はじめて聴かせてもらいました!鋭利な音の輪郭と、ぐさっと刺さるメロディー。バンドをはじめた頃のあの感覚が一気に呼び覚まされる感じがして、胸が熱くなりました。
ライブにも是非行きたいです。これからも、ご活躍が楽しみです!
松井 省悟(空中ループ)


■Voの坂本とは昔からの友達で節目節目にいろいろな話しをしてきたけど、正直常にライブなど見てきた訳じゃない。
それでも奴から送られて来た音源を聴いた時に浮かぶ情景をすぐに理解出来た気がする。
奴等4人の鳴らす音楽はすごく素直でリアルなんだな。お互いやっとスタートラインにたったな!

例えば朝起きて寝ぼけながら歯を磨いたり飯食ったりなどの中に奴等の音楽をいれてみては?
そんな当たり前のようなリアルな瞬間にこそ彼等の世界観がより一層深まると思う。

村上拓巳
(CUSTOM NOISE/suday morning bell/neue nahel)


■目の前の世界と、忘れたくない想い。その間に生まれる焦燥と不安、そして希望が素直なエモーションで鳴らされている。
彼らのサウンドが輝いているのは、その素直さを生むイノセントゆえなのだろう。
大崎 翔太(us)



From dusk as may


スポンサーサイト


comment









trackback