2017/10

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark

一定期間更新がないため広告を表示しています


セルフライナーノーツ、楽曲制作話、第3回目!!!


3 .「インスタントガール」
アルバム中最もシンプルなこの曲は、アンダーフラワーアパートメントの大先輩でもある、アジカンサウンドを自分達なりのストレートさで消化している。心情を説いていくような歌詞が多い中で、インスタントガールでは五感から連想されるイメージを頼りに、リスナーへ響かせる。


●From dusk as mayの中で1番シンプルな楽曲。


偶然スタジオでたっちゃんが弾いたリフをそのまま、ストレートにシンプルに展開させていった曲。


ドラマティックで展開が多い曲が多い僕らなので、初めはシンプルすぎないかと個人的には思ったけど さっぱりした曲も良いな思わされました。

ベースもルート多めに弾いてみました。
最後はいつも通りガシガシ弾いていますが。


アジカンというキーワードも勿論の事、たっちゃんのリフがナンバーガール・濱ちゃんのギターワークがとても良い感じにthe birthdayを彷彿とさせたロックンロールでギターロック全開な一曲になったと個人的に思います。

この曲をLIVEで演奏中の時、必ずといっていい程に濱ちゃんはギターを回してくれます。

それを見るとめちゃめちゃテンションがあがるので、皆さんも注目して下さい!!!


つづく!!!


シュンタロウ


スポンサーサイト


comment









trackback