2017/10

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark

一定期間更新がないため広告を表示しています


セルフライナーノーツ、楽曲制作話など第5回目!!

5.「black bird on the shore」 

ジャムセッションのアイディアを用い、サウンド、心情、共に瞬間的な感覚をタイトに詰め込まれたこの曲は、村上春樹著者「海辺のカフカ」へのオマージュでもある一曲。実際に見た夢の中の世界を、忠実にシンクロさせていく。


■制作時期は"ゆれる"と同じ時期で、カップリングとして制作が進められた楽曲。

イントロのギターリフをたっちゃんが弾いた所に各パートを重ねて行きました。

世界観としてはアルバム中、サウンド・歌詞世界共に1番暗いので爽やかなのが好きな人からしたら
あんまりと思いますが、ニューウェーブやゴス、ポジパンなどに影響されているので1番実験的なアプローチがされているので
是非じっくりと聴いて欲しいです。

実はアルバムがリリースされるまで一度もLIVEで披露されていなかったので唯一の"未発表新曲"。


やっぱりポカリスエットのCMの様な爽やかな曲も大好きですが、救いようもない位に暗い曲も好きですね。


シュンタロウ


スポンサーサイト


comment









trackback