2017/07

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


スポンサーサイト

  • -
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • pookmark

一定期間更新がないため広告を表示しています


image.jpeg

いよいよCD発売が2日後となりました。

どのミュージシャンもそうですが、僕らも同じように色んな思いが詰まったCDになってます。

色んな人に聴いてもらいたい。
手にとって歌詞やジャケットの隅々まで見てもらいたい。
それを踏まえて共感であったり、関心を深めてもらえたら、こんな嬉しい事はない。


そして今日はそんな色々なこだわりの中から、ジャケットについて記しておこうと思う。


このジャケットに登場している猫なんですが、実はうちの飼い猫です。

ただ単に猫ジャケが好きなのは勿論ある。
でもそれだけじゃない。


この猫は7年前に夏の台風の中、小さな公園で親とはぐれて鳴いているところを、うちの姉が拾ってきました。

まだ目も開いておらず、生後一週間も経っていない赤ん坊。

すぐに病院に連れていくものの、猫風邪をひいて体が弱っており、もう時間の問題と言われました。


それでも何かの縁で我が家にやったきたのなら生きてもらいたい。
そこから毎日クーラーもつけずに、夜中であろうが2時間毎に餌と便の世話をする日々が続き、なんとか100gになり、また200gへと成長していきました。

もうそれはそれは色んな人に助けてもらい、ミルクやらカイロやらをみんな持ち寄ってくれました。

そうやって医者も驚くくらいにミャーミャー鳴いて走りまわるようになり、先住猫二匹にちょっかいをかけては追いかけられる毎日。

とまぁそんな毎日が一年経とうかという時に、リンパ腫になった。
余命三ヶ月。


濱口の前でも嗚咽しながら話した事を思い出す。

でもなんとかうちに来てからの1歳の誕生日は迎えたのですが、その4日後に亡くなってしまいました。

名前を「幌」といいます。
大事なものを包むって意味でね。



濱口が覚えてるかはわからんけど、「いつか幌をジャケットにしてあげたいな〜」って言ってて、今回CDのデザインを諸々任される事になり、名前に対する意味合いと、曲に対する意味合いが共通であるという事で、今回こういったジャケットを選びました。


とまぁジャケットに関してはこうやって話してみないとわからんけど、その他諸々は僕らの育ったルーツみたいなものがちゃんとCDに出てると思います。



でも全国発売といえど、まだまだうちらは駆け出しなんで入荷のない店もあると思う。

実際に予約しようとしたら、発売日から遅れての入荷になると言われた店舗もあったそうです。

でもその人は「自分の手にとって買いたい」と言ってくれて凄く嬉しかった。


ワンクリックでなんでも買える世の中ではあるけれど、やっぱりその人と同じように出来るだけ多くの感覚を感じて買ってもらいたい。

店頭に並んでること。店員さんとのやりとり。封を開ける感触。歌詞カードを目で追うこと。再生する瞬間。


これは音楽に対する触れ方やけど、他のどんな事に関してもこういった感覚を大事にしてもらいたい。

色んな事が便利になり、本当は無くてもよかった物がヒットする時代。

共感してもらえるのなら、五感を使うという事を減らさずに、これからも使い続けていってもらいたい。

そういった思いも含めて、是非誰かにこのCDを手に取ってもらいたい。
よろしくです。

坂本竜哉


iPhoneから送信


二週にわたって放送された、僕らの音楽でのMr.Children見ましたか?

ニシエヒガシエとyouthful daysをやってくれて嬉しかったなぁ。



こないだMr.Childrenの西武ドーム公演を見に行ってきました。

ネタバレするんでご注意ください。





いつもの事なんですが一曲目からうるうるときてしまった。

まずは「エソラ」。
あの歌詞に込められた通り、音に魅了されていく自分がはっきりとわかる。
やっぱり音楽って最高やなって思わずにはいられなくなりました。


もう書き切れない感動があるな。
どんどんこっちに投げかけてくるし、それに僕らは呼応して感情が揺れて入り込んでいく。
何万人いようが、Mr.Childrenのライブには一人一人に一対一で接していく、そんなライブ感がやみつきになる。


まぁそんな中でも選りすぐりの曲がまず「くるみ」。

この歌詞は何か選択を迫られる、新たな場面の気持ちにこそ沁みる。
感動したという表現ではこの曲が1番響きました。


あと何回聴いても熱い気持ちがこみ上げてくる「終わりなき旅」。
始まる前のMCで「良かったら、一緒に歌ってほしい。
作ったのは僕ですけど、あなたたちの・・・・お前らの歌でもある。」って言ったのがかっこよかったなぁ。
もうそれはそれは大合唱でした。

いや〜、何回でも見たい。



とまぁそんな感じで過ごしつつ、いよいよ「keen talks」リリースライブまで一週間となりました。
是非遊びに来てください。

坂本竜哉



image.jpeg
image.jpeg


タワーレコードオンライン限定特典!

タワーレコードオンラインで予約購入し
5/20(日)下北沢 ERAで行われる「keen talks」Release Liveにお越しいただいた方には、オンライン購入限定バッチをプレゼント!

当日オンライン購入時に届いた領収書をご持参いただければバッチを引き換えさせていただきます。

当日、物販にてお待ちしています。


From dusk as may


素敵なアーティストの方々からリリースコメントを頂きました!!

■4人のバンドに対する思いが一曲、一曲に直結しているアルバムだ。初めて聴いたときすごい熱量を感じた。シーン、ジャンルを超える力のあるバンドFrom dusk as may是非聴いてもらいたい。

重田雅俊(LACCO TOWER)



■はじめて聴かせてもらいました!鋭利な音の輪郭と、ぐさっと刺さるメロディー。バンドをはじめた頃のあの感覚が一気に呼び覚まされる感じがして、胸が熱くなりました。
ライブにも是非行きたいです。これからも、ご活躍が楽しみです!
松井 省悟(空中ループ)


■Voの坂本とは昔からの友達で節目節目にいろいろな話しをしてきたけど、正直常にライブなど見てきた訳じゃない。
それでも奴から送られて来た音源を聴いた時に浮かぶ情景をすぐに理解出来た気がする。
奴等4人の鳴らす音楽はすごく素直でリアルなんだな。お互いやっとスタートラインにたったな!

例えば朝起きて寝ぼけながら歯を磨いたり飯食ったりなどの中に奴等の音楽をいれてみては?
そんな当たり前のようなリアルな瞬間にこそ彼等の世界観がより一層深まると思う。

村上拓巳
(CUSTOM NOISE/suday morning bell/neue nahel)


■目の前の世界と、忘れたくない想い。その間に生まれる焦燥と不安、そして希望が素直なエモーションで鳴らされている。
彼らのサウンドが輝いているのは、その素直さを生むイノセントゆえなのだろう。
大崎 翔太(us)



From dusk as may


FDAM02.jpg
ジャムバンドのもつ衝動性、ポストロックのもつ構築性、シューゲイザーなどといった音響感覚を要素とした、普遍的日本語ギターロックバンド “From dusk as may” の1st Mini Albumが遂に完成しました!!

切なさと力強さ、感情が爆発した強いメッセージを包容した歌声と、サウンドの核となるギターの音色は、時に体の芯を突き抜け、時にノイズとなり周りを固め、彩りを添えていきます。
終わりなき日常の光と影を、自らのソリッドな視点で描くVo.Gt坂本竜哉の世界観は、冒頭の「リビング」から、切なさと緊張感を感じさせながら進んで行きます。
ここにあるのは、切なさと激しさが共存した、タイトでソリッドな感覚と無限大なポップ感!時代を問わない「歌」が鳴り響く!!


From dusk as may
1st MINI ALBUM
"keen talks"


POPTOP/binyl recordsから2012年5月16日(水)
全国発売決定!!


【keen talks】
1.リビング
2.ゆれる
3.インスタントガール
4.Te,to,Te
5.black bird on the shore
6.hearted headphone
7.blind spot

■POPTOP/binyl records
■HPOP-1003
■¥1,600(tax in)


詳細は
■official site
【http://fromduskasmay.web.fc2.com/】

■レーベルサイト
【http://www.binylrecords.jp/】


keen talksリリース関連の詳細は随時、アップされていきます。
是非チェック、宜しくお願いします!!


From dusk as may


__.JPG
初ライブ以来、三年振りのVOX HALLを終えました。
もうほどんどのスタッフが知らない人ですが、やっぱり古巣というのは特別な気持ちになりますわ。

昔っから見にきてくれてる人や、高校振りに会う友達や、もう色んな仲間と再開出来て、それはそれは帰宅するまで笑いっぱなしでした。

とても良い一日をありがとう。
ライブ中色んな事考えて感動してしまいました。


それにしても久々に会う人はものすごく顔が変わってる。自分だけが変化してないと思うのは錯覚!?


まぁなんにせよ楽しくライブする事が出来ました。


もうHP上でも発表されてる通り、初めてライブでもミニアルバムの発売日を発表出来ました。

「keen talks」 5月16日発売です。
またミニアルバムについてはちょこちょこ触れていきます。


まだ今は京都に滞在してまして、今まさに「探偵はBARにいる」を見返して大泉洋のかっこよさにシビれていたところ。
ご機嫌な男らしさがいい。

色んなバディ物がありますが、この大泉洋と松田龍平は最高やなぁ。
早く続編が見たい。

それでは寝ます。

坂本竜哉


__.JPG
今から4人でしおりを元に京都観光です。


__.JPG
何もかもが久々で、久々に電車に乗ったら駅が変わり果ててた。

まったくブログ更新されてませんが、なんとか音源のミックスも終わり。


俺と濱口の地元であります、京都のライブも迫ってる。
予定では前乗りしまして、濱口作成のしおりに沿って京都観光の予定です。

そしてライブに備える。
色んな人のおがげでやってこれたことに感謝し、成長したと言ってもらう為に今一度上京してからの事を振り返りながら、京都タワー目指して一同西へ。



最近ゆらゆら帝国を聴けるようになりました。「愛のむきだし」のお陰。
今更やけど、坂本慎太郎氏の歌詞の良さがわかるようになったのが嬉しい。


それにちなんで少し前に「ヒミズ」を見ました。

こんなにひき込まれたのは久々。

園子温映画はなんというか、最初から最後まで感情のヴォリュームが最大です。
もう全部が山場。
ハードコアみたい。

なんといっても感情剥き出しで爆発を繰り返す染谷将太と二階堂ふみが圧巻。

最初と最後で投げかけられる「頑張れ」という言葉の響き方や威力の変化。
こんなに全身全霊で観客に響く「頑張れ」ってそうそう見れないと思う。

自分のなかでイノセントなアンダーグラウンド青春映画の代表作となりました。

もう公開を終えてるところもあるけど、これは見たほうがいい。
表現をする人は是非。

アカデミー賞見て、でんでんに興味が湧いた人も、冷たい熱帯魚と併せて是非見てください。


今はサカナクションのUstreamを見て、裏方の人達の声を聞いてます。
サカナクションはこういう裏方の人にスポットをよく当ててくれるので勉強になる。


坂本竜哉


MONKEY MAJIKやTRIPLANE、C-999などが出演し話題を呼んだあの伝説のイベント”ROCK BUM”が6年ぶりに復活!


今春にアルバムリリースを控えている普遍的なメロディーと有機質なバンドアンサンブルを追求する4ピースギターロックバンド
"From dusk as may"や


テレビ東京系ドラマ「撮らないで下さい!!
グラビアアイドル裏物語」のエンディングテーマにも楽曲が使われて歌声と美しいピアノの旋律が響くピアノロッバンド “the audio pool”。


ヴァイナルレコーズ初のデモ音源から選ばれ、卓越したメロディーと個性的な歌声、圧倒的なサウンドで攻める”today is the day”

元BURGER NUDS, そして現在休止中のGood Dog Happy MenではVo / Gを勤め、個性的なポップ感は他に類をみない”門田匡陽 with CalmCalm”の豪華4組が出演!

しかも、当日受付にて「Twitterで”DRINK代フリー”告知を見た!」という方には、DRINK代(¥500)フリーでご入場いただけます!
伝説のイベントを見逃すな!


2012年3月1日(木)
下北沢SHELTER

【POPTOP/binyl records presents "ROCKBUM"】

出演
the audio pool
門田匡陽 with CalmCalm
today is the day
From dusk as may

OPEN 18:30 / START 19:00
ADV.¥2000 / DOOR ¥2500

<binyl recordsレーベルサイトからの転載>


チケットのご予約受付中です!!


From dusk as may


体調を崩し今日は休養ということで、時間がたくさんあるから前から書きたかった事を書きます。


前に一度自分には敬愛するヴォーカリストが6人いると書いたんですが、その一人が以前書いたDIR EN GREYの京さん。


それで今日はまたもう一人、この人もまた絶大な影響を受けたMr.Childrenの桜井さんについて書こう。


まぁ誰もが知る人物ですが、有名過ぎてディープな部分までは聴かないっていう人も結構いると思う。


これはミスチルだけじゃなく、色んな有名な人達全員だと思うんですが、深くまで探ってみて初めて、世間のイメージよりも根太いソウルに触れるというか、そこにはずっと需要を満たし続けてこられた理由っていうのがある。


ただメロディーや歌詞がPOPで受け入れやすいで済ませるのは安易で、ロックには不在であるかっこよさとか美学があると思うけど、POPは鳴らし続けないといけない宿命みたいなものがあると思う。


その時代に順応して鳴らすというのはやっぱり難しい事で、多くの有名ロックバンドは当然のようにこのロックなスピリットとPOPさを持ってる。


その中でも一番と言っていい程僕の需要を満たしてくれるのがMr.Children。



僕はそんなに洋楽を聴き漁るという人ではなくて、洋楽でハマるっていう時はその歌手の思想っていうのが感じられる時ぐらい。

まぁ外国の感覚がいまいち掴みづらいっていうのもあるし、翻訳も影響すると思うけど。



そんな風潮のある自分がず〜っと味わい続けられる世界観の持ち主が桜井さんで、世間的にラブソングのイメージがあるのかもしれんけど、どんな内容にしても描写の仕方っていうのが物凄いセンスがある。


例えば表したいものを、直接的に触れずにその感情を呼び起こす事も出来るし、捉えようによっては色んなものに形を変えていける、そんな表現の中の縦横無尽さに僕はいつも「やられた〜」って思って嬉しくなる。


でもそういう表現を理解しようとしない人もいて、想像力の欠如というか、女子高生の日記みたいな歌を世間は望んでたりもする。

別に同じフィールドとも思いたくないけど、それを才能や芸と呼ぶのには凄い次元やな〜ってのもあるなぁ。



まぁそれは置いといて、時々ミスチルが解散とかなったらどうしようとか考えてゾッとします。

まぁ色んなものを紹介したいんですけど、自分が1番好きな曲を載せておきます。

この曲の二回目のサビ後のCメロの歌詞が1番好きなフレーズで、よく思い出す歌詞であります。

この熱量ちょっと触れてみてください。

http://www.youtube.com/watch?v=muaDU9tAmLo&feature=youtube_gdata_player

坂本竜哉